PBXとビジネスフォンの違いって何?
将来に向けた情報ネットワークを考えるサイトです。

PBXってなに??

みなさん、PBXってご存知ですか?実は私は。。。知りませんでした。だから一体なん菜だろうと思い、ちょっと調べてみました。

まずは、読み方から!「ピー・ビー・エックス」と読みます。では、何の略だか、ご存知でしょうか?

「Private Branch Exchanger」です。(プライベート・ブランチ・エクスチェンジャー)

PBXに関連する用語の解説をしていきます!

PBXとは構内電話交換機のことをいいます。
電話局で使われている局内交換機に対応するもので、企業内に設置して、内線電話と外線電話同士を交換する装置のことです。

音声信号をデジタル処理するデジタルPBXが主流となっております。デジタルPBXを使用すると、交換機を通して外線から直接、特定の電話を呼び出すことのできる、ダイヤルインが可能となります。そのほかには、短縮ダイヤルや、不在転送、指定時間呼び出し、コールバックなどの多彩な機能を利用することが可能になります。

さらに、信号がデジタル処理をされているため、電話機以外にファクシミリやコンピューターなどを接続して、企業内の情報ネットワーク(LAN/VAN)の構成も可能となります。

もっと簡単にご説明すると!

Private Branch Exchange(構内交換機)の略です。
アナログ電話用の交換機で、複数の社内の電話機を収容し、内線電話を実現するほかに、外線を局者側の中継交換網に転送する機能をもつことが出来ます。

ちなみにこれをIP化したものが、IP電話で利用される「IP-PBX」と呼ばれています。

構内にある、複数の電話機を公衆電話の回線に接続する際の中継装置なんです。
「回線切り替え器」や「内線集約装置」・「内線交換機」と呼ばれることもあります。

PBX(構内交換機)の役割ってなに??

構内電話機の機能は、機種や内線の構築状況によって、さまざまですが、主に、外線からの発信・着信の制御をしたり、内線同士の通話機能が基本になります。
外線発信制御のため、Least Cost Routing(LCR)機能を持っているものもとても多いいです。

ちなみにLeast Cost Routing(LCR)とは、ダイヤルされた電話番号を参照して、それに応じて、最も通話料が安い、通信事業者を自動的に選択するシステムのことです。
類似であるのが、単に特定の通信事業者を自動的に選択するシステムのことを、Automatic Carrier Routing(ACR)と呼ばれます。

PBXの種類

■大規模の場合
大規模な構内交換機(PBX)は、あらかじめプログラムしてある、一定の基準に応じて、構内電話機への着信選択制御[ACD]をおこなって、公衆回線(外線)を介した問い合わせにも効率的に対応できるものが多くあります。そうした場合に用いられるのが、unPBXと呼ばれます。コンピューターに構内交換機を付加させたものになります。
ソフトウェアを組みかえることで柔軟な制御が行われ、より効率的な対応が行えるのが特徴で、主に、家電メーカーのサポート窓口などの、コールセンター向けに積極的に導入されています。
■小規模の場合
小規模の構内交換機(PBX)の場合は、着信選択制御機能は持たないで、一本あるいは、少数の公衆回線との接続と内線交換のみが行えます。しかし、機能がある程度制御されてしまいます。その場合、内線番号を選択することで、特定の部署や担当者に直接コンタクトを取るなどして、公衆回線を構内電話機の間での転送電話などは行えることも多い異様です。このような装置は交換機とは区別して、ビジネスフォン(ビジネスホン)と呼ばれる場合もあります。

PBX(構内交換機)についてちょっとお話ししましたが、これを読んでもなんかいまいちわからないこともあると思います。

このブログでは、PBX(構内交換機)のご説明をしたり、じゃあビジネスフォン(ビジネスホン)との違いってなんなの??ってことをまとめていきますので、読んでいただけると嬉しいです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ